カリキュラム概要

初心者から始めるカリキュラム

パソコン初心者が、インターネットに触れWebサイトの仕組みを知るところから開始していきます。初級では、「作る基本技術」を学び、上級編では、「考えて作る技術」を習得します。

初級【前編】

普段、見たことのなかった多くの公式サイトを閲覧することで構成や仕組みを簡単に解説し、興味を持たせるところから学んでいきます。予備知識も全くない初心者にいきなりHTML言語を見せてしまうと「なんだか難しそうだ」という印象を与えてしまい、「拒否反応」が出て全く受け付けてもらえなくなってしまいます(:_;)「意外と簡単!〜面白いね」Webってすごいね!あなたにもできますよ、という切り口が有効です。身近な可能性を感じ取り「小さな興味」を抱かせることが大切だと考えています。

  • HTMLの基礎・理解
  • 基礎的なタグの手打ちができる
  • 修正や更新ができるレベルを目指す
  • CSSの基礎を知る

サーティファイ初級合格レベル

初級【前編】では、基本的にDreamweaverのオペレーションは取り入れていません。テキストエディタでの「手打ち」を基本としています。言語を目で追い大筋を理解することを着地点としています。その理由は、就職先でちょっとしたホームページの更新ができる一般事務なども視野に入れ、就活の幅を広げるためでございます。

現場がオーサリングソフト(Dreamweaver等)がない環境であっても、HTMLやCSSが解読でき、部分修正が可能なレベル迄を初級段階と考え定めています。また、最低限この初級レベルに達しておかないと、楽天RMSやワードプレスなどのCMSの編集も難しいと思われます。

どこかのソースコードをそのままコピペすることを伝授され「ホームページってコピペなんだ!」という終始を見聞きしたことがあります。ソースコードの理解がないままコピペを繰り返し、テンプレートを利用することで自作したことになっていたりします。結局1から自分で作ることは全くできないままでは、業務や就職に結びつきません。それはあまりにもかなしすぎると思います(:_;)

初級【後編】

  • CSSの応用と理解
  • サンプル通りにレイアウトを組む
  • ナビゲーションの実装
  • バナー制作
  • 色彩感覚を身につける
  • javascriptなどの動きに興味を持つ

サーティファイ初級取得した後、モノ創りの楽しさを実感していきます。決して「難しい!」とか「苦手意識」を芽生えさせない。

出来たら褒める = やれば出来るんだ!

「できる自信」をつけさせながら次のステップに段階を上げていきます。

初級【オプション編】

  • Dreamweaver操作
  • 業界への基礎的な知識
  • デザインの基本
  • レスポンシブレイアウト基礎
  • ・・他

なお、上級編では「ゼロから自分で考え、作リ出す技術」へと橋渡ししていきます。